カスピ海ヨーグルト 手作り種菌セット






カスピ海ヨーグルト 手作り種菌セットにチャレンジ

カスピ海ヨーグルト手作り種菌セットを試してみました

自分で作るから無添加・安心 できたてだから菌が元気!

カスピ海ヨーグルトが自宅で作れる!

通常価格:926円(税別)

定期価格:880円(税別)

種菌に牛乳を加えて室温に置いておくだけで、とろりとしたカスピ海ヨーグルトができあがります。

自分で作るヨーグルトにはもちろん食品添加物は一切含まれていません。

出来たてのヨーグルトは菌が元気!
繰り返し植え継ぐことができるので経済的なのもうれしいですね。

容量 種菌2袋
POINT 生きたまま腸に届くクレモリス菌が作る粘りのある独特のヨーグルト。酸味が少なくフルーツやジャムにもよく合います。
作り方 牛乳と種菌を混ぜて室温で24~72時間ほど(季節による)待つだけでOKです。

official-468

フジッコ カスピ海ヨーグルト種菌セット 管理人のレビュー

カスピ海ヨーグルト種菌が届きました

約1000円の種菌セットには、種菌2袋と作り方ガイド、そして商品チラシなどが入っていました。


カスピ海ヨーグルトを手作りしてみる

大きめのジャムのビンで作ることにしました。
まずは瓶とスプーン、ビーカーを熱湯消毒して、牛乳500mlを用意します。


カスピ海ヨーグルトの種菌を牛乳と混ぜる

牛乳を半分だけビンに入れたところに種菌を入れ、よく混ぜます。
「元気に発酵してくれよ~~~~」と声をかけながらまぜまぜ・・・そして残りの牛乳を入れて軽く混ぜ、蓋をします。


カスピ海ヨーグルト、発酵中

発酵時間は24~72時間と書いてありました。
冬場は時間がかかると説明に書いてありましたが、朝混ぜたものが寝る前になってもまだ固まる様子がなく、ちょっと心配・・・。
無事に固まってくれるかな・・・。


カスピ海ヨーグルトができた!

朝起きてみると、ヨーグルトがしっかり固まっていました♪
2月はまだまだ寒い地方なのですが、24時間でヨーグルトができました。香りは・・・まさにヨーグルト!(当たり前だけど)
ちゃんと出来たんだ~!とちょっと感動しました。


カスピ海ヨーグルトのねばり

とろりとした粘りが特徴のカスピ海ヨーグルト。自家製でもちゃんととろ~りとしています。
酸っぱさも弱く、はちみつをちょっと加えて食べました。
気になる味は・・・買ったヨーグルトよりも、おいしい!
青汁を加えて食べることも多いです。


カスピ海ヨーグルトの植え継ぎ

種の植え継ぎは、ヨーグルト大さじ3に、牛乳を500ml加えて混ぜるだけ。
2回目は朝混ぜたものが、夜には固まっていました。
菌が元気なうち(1ヵ月~3ヶ月程度)は植え継いで、元気がなくなってきたら2袋目を使ってみようと思います。

手作りカスピ海ヨーグルトの感想

作る度に毎回ビンを熱湯消毒するのがちょっと面倒ですが、あとはなんの手間もなく、待つだけです。

手作りヨーグルトは、市販のものに味が劣るイメージでしたが、そんなことは全然なく、むしろ市販のヨーグルトをやめて毎日手作りヨーグルトを食べよう!と思うほどおいしくできあがりました。

作ったヨーグルトは冷蔵庫で1週間ほど持つようですが、パンフレットによると菌が元気な2,3日で食べるのが良いそうです。

official-468

カスピ海ヨーグルト 楽しく手作り♪ 子供と一緒に乳酸菌ライフ

スーパーやコンビニなどで売っているフジッコのカスピ海ヨーグルト。酸味が少なく、トロッとした粘りが特徴のヨーグルトですが、あのカスピ海ヨーグルトが自宅で手作りできる種菌セットも人気です。 種菌と牛乳があればあとは常温で待つだけ。丸1日~2日程度待つと、トロリとしたヨーグルトが出来上がっています。 自分で作るヨーグルトはもちろん無添加ですから、妊娠中や授乳中はもちろん、小さなお子さんのおやつとしても安心ですし、なにより、自分で作る楽しさがあります。 カスピ海ヨーグルトの種菌は毎日植え次いでいきます。1ヶ月程度で新しい菌にすることで、モチモチ感を損なわずにおいしいヨーグルトが毎日食べられるので経済的でもあります。 ヨーグルトは乳酸菌による発酵で作られますが、カスピ海ヨーグルトもクレモリス菌という乳酸菌が発酵することで作られます。 もともとカスピ海沿岸の長寿の方が多い地方で発見された菌です。 カスピ海ヨーグルトはスーパーで購入しても200円以上しますから、牛乳だけで毎日作れるのはお財布にも優しく、乳酸菌とカルシウムを惜しみなく摂取することができます。 子供のおやつに、また妊娠中の栄養補給と赤ちゃんのためにも、ヨーグルトをオヤツ替わりにするのはぴったりです。