妊娠中の便秘対策 | 乳酸菌でじっくりケアが安心 | 妊娠中OK 安心して飲める乳酸菌サプリ おすすめベスト5






妊娠中の便秘対策 | 乳酸菌でじっくりケアが安心

妊娠中の便秘対策
妊娠中は乳酸菌でじっくりケア
プラスαで『快腸』を育てましょう
便秘になりやすい妊娠中。腸の健康のために摂りたいのが乳酸菌です。
また、腸内の乳酸菌を活発にするためにプラスαで摂りたいものって?

一人ひとり違う腸内環境 合う乳酸菌も異なります

菌の種類は人によっていろいろ

まず知っておきたいのは、人によって腸内に棲みついている善玉菌の種類は違うということです。
ヨーグルトを毎日食べても改善が見られないのは、そのヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌があなたの腸内環境になじまず、すぐに死滅してしまったり排出されてしまうからかもしれません。

どの乳酸菌が合うのかは一人ひとり異なりますから、より多くの種類の乳酸菌をできるだけ数多く摂ることで腸内に定着する乳酸菌の数を増やすことがポイントになります。

妊娠中におすすめの乳酸菌サプリBEST1!

乳酸菌革命
乳酸菌革命
価  格2,880円
定期価格2,730円
容  量62袋(31日分)
送  料120円(定期は無料)
種  類16種類の乳酸菌
 数  500億個
ポイント添加物不使用、熱に強い菌、耐酸性カプセル

お手頃価格で乳酸菌にビフィズス菌、熱に強い「有胞子性乳酸菌」など16種類もの菌が摂れるのがコチラ。
定期購入は回数による縛りなくいつでも解約OK。妊娠中やお子様でもOKの無添加処方ですが、大豆アレルギーの方は使用できないので注意してくださいね。

妊娠中におすすめの乳酸菌サプリ

乳酸菌プラスαで腸内環境を整えましょう

乳酸菌にエサをあげよう
善玉菌が喜ぶ環境とは?

腸内の乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌の数を増やし、悪玉菌を減らすためには、善玉菌の住みやすい環境を作ってあげるのがポイントです。
そこで積極的に摂りたいのが食物繊維やオリゴ糖です。

食物繊維やオリゴ糖は善玉菌のエサとなるため、乳酸菌と一緒に毎日食べることで、より腸内環境の改善を期待することができます。

おすすめ!青汁ヨーグルト+はちみつ

青汁ヨーグルトは妊婦さんにもおすすめ

お腹の健康にも栄養補給にもおすすめなのが「青汁ヨーグルト+はちみつ」です。
ヨーグルトの乳酸菌と青汁の食物繊維、はちみつのオリゴ糖が同時に摂ることができます。
(はちみつを入れる場合は無糖ヨーグルトがおすすめです。)

さらに青汁に含まれる鉄分やカルシウムは妊娠中に不足しがちですから、栄養補給にもなるため、妊娠中のおやつにぴったりです。

スッキリしたい妊婦さんにおすすめの青汁がコチラ

すっきり贅沢抹茶

創業70余年、九州の老舗のお茶屋さんが作った、妊婦さん向けの便秘解消の専用商品です。 完全無添加、無着色、下剤成分ゼロ、ノンカフェインなので妊婦さんや小さなお子さんでも安心して飲むことができます。

これ1杯だけで食物繊維、ガラクトオリゴ糖、善玉菌(生きたまま腸まで届くビフィズス菌・有胞子性乳酸菌)、不足しがちな葉酸と鉄分をカバーする桑の葉やほうれん草の栄養素が一度に摂れます。

すっきり贅沢抹茶

桑の葉の青汁は「苦みの薄い抹茶」といった感じで、水に溶くだけでもおいしいですが、ヨーグルトや牛乳にもよく合います。

お茶村の『すっきり贅沢抹茶』 公式サイト

妊娠中に悩まされる便秘 乳酸菌をたっぷり摂ろう

妊娠前は快調!という人も、妊婦さんになって便秘に悩まされることは多く見られます。 おなかに力を入れるのがコワイ妊娠中は力むことにも抵抗がありますよね。 また、悪阻(つわり)で食事量が激減すれば、排便もうまくいきにくくなります。 さらに、胎児が成長しお腹が大きくなってくれば腸が圧迫され、それが原因で便秘になってしまうということもあります。

できるだけお薬を使いたくない妊娠中ですが、あまりにひどい場合はかかりつけのお医者様に相談し、便秘薬を処方してもらうことも必要ですが、普段から腸内環境を整えるよう気を使っておくことは便秘だけでなく、風邪をひきにくくしたり、健康的な毎日を送る上でも大切なことです。

乳酸菌はプロバイオティクス(保健効果のある微生物)の代表であり、低下した免疫機能を回復させたり、アレルギーの予防、発がんリスクの軽減などにも役立っていると考えられています。

腸内に共生する細菌は実に多く、乳酸菌などの善玉菌だけでなく、大腸菌やバクテロイデスなどといった悪玉菌も同時に存在しており、これらの腸内でのバランスは日々変化しています。

便秘により老廃物が長期間体内にあれば腐敗して悪玉菌が増加してしまいます。また腐敗により発生した毒素は血液にのって全身に巡ってしまうことになります。

腸内にいる善玉菌・悪玉菌・日和見菌(善玉菌でも悪玉菌でもないもの)のバランスは日々変化しています。 腸の中にはなんと100兆個もの細菌がいます。これは重さにすると1~1.5kgもの量になり、ヒトが毎日排泄する糞便の約10%は生きた細菌です。驚きですね。 食事などから摂取される菌と排泄される菌がいるということになり、また、体内で生き残っていられるものと死滅してしまうものなどがいることから、毎日腸内細菌のバランスは変化しています。

そのため、良い腸内環境を保つためには、できるだけ多くの、そしてできるだけ多種類の乳酸菌を摂取することが大切です。 また乳酸菌を摂ると同時に、オリゴ糖や食物繊維など、善玉菌のエサとなるものを摂取することで、プロバイオティクスを腸内に増殖させるよう心がけると良いでしょう。