乳酸菌でダイエット






乳酸菌でダイエット?!腸内フローラを改善して痩せる

腸の健康に良い乳酸菌 便秘だけが太る原因じゃないんです

乳酸菌などの善玉菌とダイエットの関係というと、便秘で体重が増えることと勘違いする方も多いようですが、それだけではありません。 もちろん、便が体内に長くとどまっていれば、その分お腹も重くなります。 また、体内に長時間老廃物を溜めておくと、腐敗による毒素が血液にのり全身に行き渡ってしまうことで、代謝が悪くなってしまったり、吹き出物や倦怠感などの体調不良を引き起こす原因になってしまう可能性もあります。

しかし、善玉菌・悪玉菌などの腸内細菌が太りやすさ・太りにくさなどの鍵を直接握っていることが最近の研究で分かってきています。 腸内細菌の集合体は「腸内フローラ」と呼ばれています。フローラとはお花畑のこと。腸内に100兆個も存在する多種多様な細菌が、ちょうどお花畑のように集まっていることから、この名前がつきました。 この腸内フローラが変わることで、エネルギーの吸収率が変化します。

食べたものを分解し、栄養を吸収するのが腸の役割ですが、すべてのエネルギーを吸収するのではなく、ほどよく栄養を吸収できるように腸内細菌が私たちが食べたものを変化させてくれているのです。 しかし、腸内フローラのバランスがくずれ、悪玉菌が増殖するとエネルギーが多く吸収されるようになることがあります。 その結果、太りやすい体質になってしまうというわけです。

また腸は脳と神経で直接つながっています。腸が健やかであれば、メンタル面でも健康でいられるというわけです。 ダイエットはメンタル面も大きいですから、アクティブで前向きな思考はダイエットを続けることや美容に気遣う気持ちを持ち続ける上でも関係が深そうです。