悪玉菌 減らす方法






悪玉菌を減らす方法 | 乳酸菌サプリ使いこなし術!

悪玉菌が増えると「悪玉菌応援団」も増える?!

腸の中にいる細菌はその働きから、体に有用な働きをする「善玉菌」と、害をもたらす「悪玉菌」の両方が存在しています。 そしてもう一つ、「日和見菌」と言われるグループも存在しているのはご存知でしょうか? この日和見菌と呼ばれるグループは、一言で言うと「優位な方につく」グループです。つまり、善玉菌優位の腸内環境の場合は、善玉菌と同じような働きをしてくれるのですが、逆に悪玉菌が増えてくると、全体の約7割を占める日和見菌までもが悪玉菌応援団となってしまうわけです。 腸内には非常に多くの(約100兆個!)細菌が共存しています。そして善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスは毎日のように変化しているため、善玉菌優位の状態を保つためには、乳酸菌やビフィズス菌などを積極的に摂り続けることが大切です。 乳酸菌といってもその種類は多く、どの菌が自分に合うのかというのは、体調や食生活、また遺伝によって大きな差があることがわかっています。 そこで、サプリメントで乳酸菌を摂取する際におすすめなのが、より多くの菌種が摂れるもの。例えば、ヨーグルトでは1~2種類しか乳酸菌が入っていませんが、サプリであれば数種類入っているものもあります。 また同時にオリゴ糖が入ったサプリならなお良いでしょう。オリゴ糖は善玉菌のエサになるため、同時に摂取することで、乳酸菌が定着しやすくなります。